美容効果

イソフラボンは大豆だけじゃない

イソフラボンを含む植物としては、大豆が有名ですが
イソフラボンには大豆以外にも含まれているものもあります。

イソフラボンと一言に言っても種類があり、ゲニステインなどもその一種です。
イソフラボンは基本マメ科の大豆やクズなどに多く含まれています。

マメ科の大半に含まれているイソフラボンですが、
最も多く含まれているものはオランダビユと言われています。
薬局などで市販されている例もあるようです。
他に、もやしやサヤマメにも含まれています。

このイソフラボンですが、加工しても問題ないレベルで維持はされています。
豆腐や味噌など大豆を原料とした加工度の高いものは、イソフラボンの含有量も多いです。
むしろ醗酵食品である味噌などは、イソフラボンがより増加もしています。
こちらには大豆イソフラボン食品について等詳しく掲載されています。是非ご覧になってください。

その為、味噌の一部では特定保健用食品の指定がイソフラボンの量が多いことで
取れなかったケースもあったようです。

さて、現在大豆からメインに摂取しているイソフラボンですが、
現実的には大豆以外のものからも摂取可能です。
とはいえ、大豆以外の加工食品自体数は少ないですし、
現実的に食生活に組み込んでいくのは難しいと思います。
こちらの大豆イソフラボンで美容効果の記事も合わせておよみください。

大豆でしたら、朝に豆腐を半丁食べるだけでも、十分なイソフラボンを体内に摂取することが出来ます。
また、お味噌汁などで使う味噌などでも摂取が可能でしょう。

大豆以外のイソフラボンの摂取では、サプリメントなどでも販売されています。
内閣府の食品安全委員会で一日の摂取量の目安が決められていますので、
そういった目安には従うべきですね。
こちらのイソフラボンのサプリメントの紹介の記事も参考になります。

大豆以外でも多量のイソフラボンが含まれているものもありますので、
マメ科の食物を積極的に食生活に取り入れていくのもいいでしょう。

イソフラボンは自律神経の調整や骨量の調整など日常的に不足しがちな機能をサポートしてくれます。
大豆以外からも摂取可能であることを意識し、買い物の際なども気にするといいかもしれません。
日々の健康は毎日の食生活が支えていますので、気をつけたいですね。
こちらのイソフラボンの成分についての記事も大変興味深いですね。