美容効果

イソフラボンの副作用

イソフラボンは女性様ホルモンの一種で本来体内にある
女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするものです。
元々効果は似ているものですし、もし多量に摂取したとしても、体外にある程度は排出されます。
とはいえ、やはり摂取しすぎることは体に負担がかかってきます。

元々いくら栄養があり、体に良いものだとしても過剰摂取が体にとって良い効果をもたらしません。
イソフラボンも体にはプラスの効果を発揮しますが、摂取しすぎはよくないようです。

このイソフラボンの過剰摂取による副作用としては、
がんになりやすくなる点や逆にホルモンのバランスが崩れると言われています。
こちらのイソフラボン過剰摂取の危険性について更に詳しく掲載されているサイトも必見です。
これらのものは国内外での試験結果でのものが根拠になっています。

加齢に伴い減少しているエストロゲンですが、多すぎになってしまえば、
逆にバランスが崩れてしまいますよね。
その為毎日の安全な摂取量が決められています。
これは内閣府食品安全委員会で決められているものです。

大豆イソフラボンの1日の摂取量について、上限を70から75mgと設定されました。
特定保健用食品などで集中的に追加摂取する場合は、一日の上限は30mgとなっています。
その為、一日の摂取量が30mgを超えるものについては特定保健用食品として認定されていません。
こちらの記事にもイソフラボンの摂取量について詳しく掲載されています。合わせてお読みください。

もともと大豆は日本人の食生活に組み込まれていますが、
それほど大量に摂取するものではありませんでした。
東洋人と西洋人のかかる疾患の差から、体に良いことがわかったのが大豆イソフラボンです。

意識してたくさん摂取するものではなく、大豆は日常的なものでした。
その為、多く摂取すること自体日常的にはありませんでしたので、
イソフラボンがいくら体に良いからとはいえ、想定外なのでしょう。

健康を保持する為には、毎日の食生活の習慣が大事ですが摂取する栄養素のバランスも非常に重要です。
イソフラボンで体のサポートをする事も重要ですが、それ以外の健康管理も大事にしていきたいですね。
こちらのサイトにもイソフラボンの副作用について更に詳しく掲載されています。是非ご覧になってください。